シンプリーキャットフードで涙やけを防止

シンプリーキャットフードで涙やけを防止

涙やけをしている猫にもおすすめできるシンプリーキャットフード

涙やけを起こす涙管が詰まったり目の周りの毛が茶色くなってしまうなどの症状が出ます。

涙やけの原因は何なのでしょうか。

・アレルギー

・目の炎症や病気

・目にゴミまたは異物が入っている

この3つが大きな原因ですがシンプリーキャットフードで解決できるのはアレルギーです。

シンプリーキャットフードは低アレルギーの食材とグレインフリー、無添加であることで涙やけを引き起こしにくくなっています。

猫がアレルギーの場合アレルゲンを特定することは難しくまずは獣医に診てもらうことになります。

このアレルギーはハウスダストやカビ、花粉などが原因とされています。

そして餌も低アレルギーのものを選ぶことで涙やけも少しずつ改善されて行くでしょう。

目の炎症や異物が入っている場合はシンプリーキャットフードで取り除くことは不可能ですので獣医に診てもらうことをおすすめします。

猫は脂質の多い餌を食べると涙管が詰まりやすいと言われていて体質的には目ヤニの出る猫もいます。

目ヤニは固まりやすく放置すると目が汚くなり細菌もつきやすく衛生的にも悪いです。

飼い主がティッシュなどでふき取ってあげることなどできれいになります。

ティッシュで取れない時はタオルをお湯で濡らし熱くない程度になってからふき取ると目ヤニも取れやすくなります。

涙やけが気になる飼い主はぜひシンプリーキャットフードでケアしてあげて下さい。

シンプリーキャットフードはグレインフリーに

シンプリーキャットフードがリニューアルされる前は穀物を一部使用していたことから購入を懸念していた方が多かったのではないでしょうか。

いくら魚の使用率が高くても穀物を使っていては猫の体調が気になることは確かです。

猫は元々肉食動物でありねずみやうさぎを食べていました。

今では野良猫も少なくなり飼い猫にはキャットフードをあげることが多くなりました。

猫は肉に含まれるたんぱく質や脂肪の吸収が向いていて穀物の消化を苦手としています。

そのため穀物が入っていると穀物アレルギーの猫にとっては体調を崩す原因となります。

そういったことが徐々に分かっていく中でシンプリーキャットフードはグレインフリーにリニューアルされました。

リニューアルされたのは2016年10月頃でもちろん他にもリニューアルされています。

魚と野菜の使用率も高くなりパッケージも英語表記から日本語表記になり今まで懸念されていた方にも分かりやすくなりました。

袋の空気も真空に近くなっているので新鮮な状態で与えることができます。

対象年齢も全年齢に対応していて2か月の子猫にも与えることができます。

2か月の子猫は歯も生え始めで食べることが難しい場合はぬるま湯などで柔らかくしてから与えるといいでしょう。

特に子猫の間からグレインフリーを与えることは健康維持につながります。

シンプリーキャットフードは成猫になってからでも健康維持にはつながります。

シンプリーキャットフードの評判はこちら!